コケは水槽立ち上げ時バクテリアがろ材に少ない時や、

長い間、ろ材をメンテナンスせず

ろ材の目詰まりなどでろ過能力が低下している時に発生しやすいです。

 

よくオトシンクルスやサイヤミーズフライングフォックスを

コケ取りに使おうとする方がいますが、

両方ともお腹がすくと、10センチ以上のサイズの

魚の鱗などをかじってしまいますのでおすすめしません。

かじられた魚は薬液して治さねばならず、

大きい魚とは同居させてはいけません。

 

コケを食べる貝も大して水槽のガラスのコケを食べてくれませんし

ネズミ算式に増殖しますのでおすすめしません。

 

まずは水をろ過している物を

水槽の水を入れたバケツに入れて

目詰まりしたろ材をそこで軽く洗って下さい。

軽く洗うのはバクテリアを大量に減らさないためです。

マットは汚れが出ないようになるまで何回も洗ってください。

ろ材は3ヶ月に1回、

マットは2週間に1回、

定期的にメンテナンスで洗ってコケの発生をおさえて下さい。

 

水草についたコケは生体のヤマトヌマエビが

食べてくれますのでおすすめです。

ですが大きい魚はエビを食べますので

大きい魚とは同居できません。

小型魚とは同居可能です。

ヤマトヌマエビにはコケ以外に3日に1回程度エサが必要です。

麦飯石の砂利ですと粒状のエサは砂利の隙間に入り

エビはエサを食べる事ができません。

ですのである程度大きいエサが必要です。

そこでオクトゼニスのエサをお勧めします。

オクトゼニスのエサは円盤状のエサです。

エビはこのエサが大好物で

自分で食べる場所まで持って帰り食べます。

オクトゼニスのヌマエビのエサ

 

水槽のガラスについたコケはスクレイパーで落として下さい。

スクレイパー

 

これで水槽のコケはなくなります。




Sponsored Link