熱帯魚の水作りの方法を説明します。

熱帯魚は水槽内で糞と尿をします。

そうすると目ではわかりにくいですが

熱帯魚は水が汚れてその毒素で死んでしまいます。

それを防ぐために

上部式フィルターか外部式フィルターに入れた

バクテリアの家のろ材にバクテリア住まわせて増加させます。

バクテリアはろ材で糞や尿を

アンモニア→亜硝酸→硝酸→窒素ガスと

無害な物に分解して水を無害で綺麗に保ってくれます。

これは川で水の汚れが分解されるのと同じシステムです。

バクテリアはバイコムのバクテリアをお勧めします。

青い容器もピンクの容器もバクテリアの種類が違い両方必要です。

青い容器のバクテリアはある程度無害な物質に変えます。

ピンクの容器のバクテリアは、そのある程度無害な物質を分解して

窒素ガスにして完全な無害化をしてくれる作用があります。

バイコムのバクテリア

最初に水槽に魚を一切入れず、水草だけ入れておいて

1ヶ月はそのまま ろ材の入ったフィルターを稼働させ続けます。

なぜかと言うとろ材でバクテリアが増加して

魚の糞や尿が分解できるようになるのに1ヶ月はかかるからです。

1ヶ月たって水ができたら、

好きな熱帯魚を買って水槽に入れて育てましょう。




Sponsored Link