金魚サイトについて

金魚サイトについて

 

はじめまして、

このサイトは金魚を育てた事のない方が

基本的な育て方を勉強できるサイトです。

このサイトを読んで

金魚の育成をお楽しみいただければと思います。




Sponsored Link

金魚の説明

金魚用おすすめエアーポンプ

 

金魚は、鮒(フナ)の変異改良種の魚です。

金魚の先祖(原種)は中国の鮒(チイ)と言う

緋鮒(ヒブナ)のギベリオブナです。

書籍の歴史的分析から日本に伝来したのは

ポルトガルと貿易がさかんだったころで

出島から日本へ伝来したと言われています。

伝来はしたものの最初は金魚はさかんに飼育されていませんでした。

江戸時代になり将軍や豪商人が金魚を趣味で育てるようになります。

最初の頃は金魚の値段は250両(現在の価格では1両10万円)でした。

そして江戸の武士が副業で金魚を繁殖させるようになります。

それから金魚の価格は安くなり一般人が買える値段になりました。

現在では金魚愛好会、保存会、養殖場により、

多種の改良品種の金魚が繁殖されています。




Sponsored Link

金魚の水温

金魚の水温

 

適正水温は24度です。

24度以下の水温ですと

白点病になりやすくなりますのでおすすめしません。

金魚の稚魚の適正水温は17度です。




Sponsored Link

金魚のオス、メスの見分け方

金魚のオス、メスの見分け方

 

金魚は小さい時は見分けるのは難しいです。

大きくなると見分けられます。

金魚の雄(オス)は春から秋にかけて、

エラと胸びれに小さいブツブツの斑点ができます。

雌(メス)はおしりの穴が丸く、中央下側に産卵孔があります。




Sponsored Link

金魚水槽のおすすめサーモスタットとヒーターセット

金魚水槽のおすすめサーモスタットとヒーターセット

 

サーモスタットとは水温設定のリモコンです。

サーモにつながっているセンサーとヒーターは

水槽の水の中に入れるものです。

60センチ水槽セットと

90センチ水槽セットと

120センチ水槽セットの

サーモスタットとヒーターセットは下記でご購入下さい。

(  サーモとヒーターは水槽の水に入れてから電源を入れないと

火事になりますのでご注意下さい。

危険な時は安全装置が働きヒーターを停止させますが

そのサーモヒーターセットは二度と使えなくなります。

もう1度購入する事になりますのでお気よつけ下さい。)

(  ヒーターは温度設定サーモスタットのコンセントに接続します。

普通のコンセントには水槽内の水か高温になり

沸騰したり火事になるので絶対に接続してはいけません。

また、センサーを水槽に入れないと

水が沸騰してしまいますのでご注意ください。

ヒーターとサーモスタットは

60センチ水槽セットには入っていますが

90と120センチ水槽は入っていません。

別で購入する必要があります。)

サーモとヒーターセットは下記でご購入ください。

 

60センチ水槽用サーモヒーターセット

90センチ水槽用サーモヒーターセット

120センチ水槽用サーモヒーターセット




Sponsored Link

金魚のおすすめ水槽サイズ

金魚のおすすめ水槽サイズ

 

金魚は大人になると20から30センチになります。

一般の方は観賞用に1匹だけ金魚を買って育てて下さい。

金魚は大人になると糞の量もすごく、

1日にメダカ380匹分の糞と尿をします。

水がすぐ汚れるので必ず1匹だけを

なるべく大きな水槽で優雅に育てて下さい。

水槽サイズは90センチ水槽か120センチ水槽にして下さい。

これは糞を分解するためのろ材を多く入れるためです。

60センチ水槽ではろ材が少ないために

大きくなった金魚による水の汚れを完全に分解する事ができず、

大人の金魚がいる場合毎日水換えしなければならず

会社勤めの方は それは絶対無理なので

なるべく60センチ水槽で金魚を買わないで下さい。

( 小型金魚のピンポンパールだけは60センチ水槽でも飼育できます。 )

60センチ水槽セットと

90センチ水槽セットと

120センチ水槽は下記でご購入下さい。

 

60センチ水槽セット

90センチ水槽セット

120センチ水槽セット




Sponsored Link

金魚の底砂の選び方とおすすめ砂利

金魚の底砂の選び方とおすすめ砂利

 

水槽に最近売っているパウダー状の土を入れると

6ヶ月が経つと粒子が崩れて

泥沼のようになりますのでおすすめしません。

細かい砂漠の砂のようなサンドも

大人の金魚が餌を食べるとき一緒にお腹に入り、

死にますのでやめて下さい。

私は熱帯魚熟練者なので言いますが

金魚水槽に敷くのはろ材と麦飯石砂利を混ぜた物にするべきです。

( リング状ではないろ材です。)

ろ材や砂利でしたら金魚も間違って食べる事はありません。

ろ材にバクテリアが増えるため

糞をすばやく分解してくれるため水換え回数も少なくてすみます。

水草も植える事ができます。

また麦飯石のミネラル栄養で肥料を入れなくても

水草が成長する事ができます。

ボールろ材と麦飯石砂利は混ぜて底砂にして下さい。

大量のろ材と麦飯石砂利とバクテリアは下記でご購入下さい。

 

ろ材のろ過ボール

スドー麦飯砂利

スーパーバイコムスターターキット




Sponsored Link

金魚の混泳

金魚の混泳

 

金魚の和金は動きがすばやく他の魚をつつきますので

和金と同じサイズの魚の混泳はできません。

琉金、らんちゅう、出目金類は動きが遅く

おとなしいので他の種類のおとなしい魚と混泳する事は可能です。

ただし、このサイトの他ページで説明している通り、

一般の方は金魚に関しては1匹で飼育して楽しむ事をおすすめします。

エビは金魚が大きくなってくると

つついて食べますので混泳はできません。

オトシンクルスは

コケがなくなってお腹が減ると大型の魚の皮膚をかじり、

金魚の皮膚がボロボロになりますので絶対に入れていけません。

高級金魚なら大ダメージです。

なった場合は薬で治療しなければならないでしょう。

オトシンクルスの巨大なタイプはプレコですが、

プレコ類は魚の皮膚をかじりボロボロにしますので

絶対に混泳してはいけません。

水槽に着くコケは水槽専用のヘラで落とすようにして下さい。




Sponsored Link

金魚の病気の治療方法

金魚の病気の治療方法

 

金魚の病気は尾ぐされ病、水カビ病、白点病、

エラ病、穴あき病、イカリムシ病、ウオジラミ病があります。

水が相当汚れている時にこれら病気は発生します。

最初にフィルターのろ材をバケツに移動し、

水槽の水でよく洗って下さい。

その汚い水を捨て水槽の水をもう1回足して

ろ材をバケツに入れたままにして下さい。

ろ材は熱帯魚用の薬を吸着するとすぐにろ過能力がなくなり

ダメになりますのでダメにならないようにバケツに一時的に入れます。

ろ材なしの水槽に薬を説明書に書いてある規定量入れて下さい。

2週間その薬液で治療して下さい。

2週間の間、エアーポンプのエアレーションは必ずして下さい。

PHが下がらないためにはエアレーションは必ず必要です。

2週間たったら金魚を網で水槽の水を入れた新しいバケツに一時移動して、

水槽の薬液は全部捨てて下さい。

新しいカルキを抜いた水を水槽に入れ金魚を戻して下さい。

ろ材はまだ絶対入れてはいけません。

ろ材には病原菌がついているからです。

ろ材はバクテリアがついていますが病原菌もいますのでリセットします

リセット方法は台所で鍋で水を沸騰させて熱湯を作り、

ろ材をそこに入れてグツグツ煮て下さい。

それでろ材の殺菌はできます。

後は殺菌したろ材をフィルターに戻して

バクテリアをろ材に添加して水槽を起動して治療完了です。

 

・尾ぐされ病

ヒレが溶けてしまう病気です。

 

・水カビ病

胞子上の白いカビが魚につく病気です。

 

・白点病

白い点が魚につき死ぬ病気です。他の魚に移ります。

 

・エラ病

エラに細菌が感染しフタをしたように片エラが閉じる病気です。

ひどくなるとエラで呼吸ができなくなり死にます。

 

・穴あき病

魚に穴があく病気です。

 

・イカリムシ

魚に白い糸のような物がハリネズミのようにつく病気です。

それらは全部イカリムシと言う寄生虫です。

駆除する場合は水槽全部まるごと

駆除しなければならないです。

 

・ウオジラミ

魚の血を吸います。水槽内で増殖した場合は

水槽全部まるごと駆除しなければならないです。

 

治療薬

尾ぐされ病、水カビ病、白点病、エラ病、穴あき病=

=グリーンFリキッドフレッシュリーフメチレンブルー

 

イカリ虫、ウオジラミ=デミリン水和剤

 

イカリムシもウオジラミも寄生虫です。

デミリンは強力な殺虫剤ですので触れないように手袋をします。

1000リットルの水に1グラムのデミリンを入れて 下さい。

( 計量スプーンで計る。)

水槽の水量によって計算機でデミリンの量を計算して 下さい。

バケツ1杯10リットル=10kg

金魚水槽にはエビを入れないで下さい。

金魚が大人になるとエビを食べますので

常識では入れないと思います。

デミリンを入れるとエビは死んでしまいます。

日頃定期的に水換えをして水槽を清潔にしましょう。

そうすれば病気はほとんど発生しません。




Sponsored Link

金魚の繁殖

金魚の繁殖

 

池や養殖場を持っていない方は金魚を繁殖してはいけません。

理由は下記に説明します。

金魚は秋と春に1回で5000個程度の卵を産みます。

数週間後にまた同じ量の卵を産みます。

金魚は大人になると20から30センチになります。

その内1000個が受精すると致しまして

1000匹の金魚を家庭で飼う事はできません。

熱帯魚ショップは一般の方が繁殖した金魚は絶対に引き取りません。

なぜなら一般の方は色や形を選別して繁殖していないため形質が

安定していないからです。

熱帯魚ショップは養殖場から購入しています。

一般の方が繁殖した金魚を公園に放してはいけません。

環境破壊で警察に捕まります。

繁殖は繁殖場にまかせて

一般の方は金魚を繁殖せず鑑賞するためだけに購入して育てて下さい。




Sponsored Link

金魚の購入方法

金魚の購入方法

 

金魚の購入は

他サイトカテゴリの

「金魚通販」で紹介されていますので

そちらでご購入下さい。




Sponsored Link

金魚水槽のおすすめ水草

金魚水槽のおすすめ水草

 

金魚の水草は分厚い丈夫な水草がいいです。

柔らかい水草は金魚が大きくなると

野菜を食べるように食べてしまいます。

分厚い水草は食べられる事はありません。

おすすめの水草はアヌビアスナナとミクロソリウムです。

成長速度が遅い水草のため水槽を手入れしなくていいです。

成長速度が速い水草は1週間ごとにカットしなければならないので

とても手間がかかり普通の人は継続できません。

アヌビアスナナとミクロソリウムだけでも

いろいろな種類があります。

水槽に迫力ある水草風景を作る事は可能です。

肥料はこのサイトを読んでいる方なら

底砂に麦飯石砂利をセットしていると思います。

その麦飯石からミネラル栄養が常に出ていますで

水草の肥料を入れる必要はありません。

全部あなたが将来水草風景を作るために考えてあります。

水草は他サイトカテゴリの

「熱帯魚の飼い方」で紹介していますのでご購入下さい。




Sponsored Link

金魚水槽の水換え量と回数

金魚水槽の水換え量と回数

 

このサイトを読んでいる方は、

90センチか120センチ水槽で、

土のかわりにろ材と麦飯石砂利を水槽に敷いて、

上部フィルターか外部式フィルターのろ材を

リング状ろ材にして、

お気に入りの金魚を1匹買っていると思います。

上記の状態なら水はほとんど汚れませんので

1ヶ月に1回、3分の1の水を交換して下さい。

普通の砂利の状態で水槽を運営している方は

水や砂利に糞や尿がたまり、水が汚れやすいので

2週間に1回、3分の1の水を交換して下さい。

餌をやる量が多く、水が汚れていると感じる場合は、

1週間に1回3分の1の水を交換して下さい。

水のカルキ、重金属を

専用薬剤で無害化する事を忘れないで下さい。

残留塩素がエラにつくと

魚は呼吸ができなくなり

すぐに死んでしまうのでお気よつけ下さい。

大きい魚を飼うと水に有害物質が

たまりやすいので水換えは必ず必要です。




Sponsored Link

金魚水槽の水流の強さ

金魚用おすすめエアーポンプ

 

和金は水流がある程度強くても大丈夫ですが

らんちゅう、琉金、出目金などの

泳ぎがゆっくりな金魚はは水流が弱くないといけません。

通常の上部式フィルターの水流で

何も問題ありません。

外部式フィルターの方は水流を少し弱く設定して下さい。




Sponsored Link

金魚水槽の置き場所

金魚水槽の置き場所

 

金魚の適正水温は24度です。

金魚は大人になると20から30センチになるので

鉢や小さい水槽で飼ってはいけません。

室内水槽で飼って下さい。

室内でも太陽光の直接当たる場所に水槽を置かないで下さい。

コケだらけになったり、

水温が急激に上昇してバクテリアが死に、

水質が崩壊したりします。

外ではプロ以外の方は飼ってはいけません。




Sponsored Link

金魚用おすすめエアーポンプ

金魚用おすすめエアーポンプ

 

水槽で10センチ以上の魚を買う場合は

必ずエアーポンプをして下さい。

特に金魚は大人になると15センチから20センチになります。

大きい魚や底砂のろ材は酸素をとても消費するため必ず必要です。

 

60センチ水槽用エアーポンプ

90センチ水槽用エアーポンプ

120センチ水槽用エアーポンプ

エアーチューブ

エアーストーン




Sponsored Link

ページの先頭へ