カニ殻肥料とは、

カニの殻を潰して粉末状にした肥料です。

殻には

タウリン、

キトサン、

アスタキサンチン、

カルシウムが含まれます。

カニ殻肥料は土壌改良に使用されます。

カニ殻を土壌に入れると放線菌が増殖します。

放線菌がカニに含まれるキチン質を好むためです。

土中で放線菌が増殖することにより

病原菌の増殖を抑制する効果があります。

 

肥料はコチラ




Sponsored Link